読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林業就職記@西日本

実体験を元に、林業について

待遇とキツさ


※私の実体験に則り記述していますが、すべての方に当てはまるわけではありません。

待遇

  • 給料
多くの林業事業体では日給月給制が取られています。例えば日給が1万円の場合、1万円×稼働日=給料となります。手当やボーナスは事業体により色々で、ボーナスは夏と冬あわせて2ヶ月あればいい方でしょう。給料に関しては入社前に調べた時、経験無し日給8000円スタートが多かったように思います。月給制の事業体は滅多にありませんが森林組合の職員は月給制であるという話はチラホラ耳にします。
また、社会保険完備のところが多くなってきましたが、未だに無いところもありますので転職の際は要確認です。

  • 休日
林業は屋外作業で天候に左右されるため、大雨のときは仕事が休みになる場合が多く、仕事中でも雷が鳴ると中止になります。また、基本的に土曜日は仕事を行い、祝日も仕事を行う事業体が多いです。休日は日曜日だけで連休はあまりありません。
しかし、森林組合の職員は異なるようでカレンダー通りの土日祝日休みがある所が多いです。しかし、雨が降ろうと雪が降ろうと余程のことが無い限り平日は仕事が休みにならないようです。
私のところ(組合ではない)はそれでもひと月あたりの稼働日を年間で平均すると22日ほどです。

キツさ

私の場合、仕事をして精神的にキツイと感じることはなく、前職よりストレスは減ったと断言できます。しかし、体力的にはだいぶキツイです。チェーンソーは大体5キロありますし、それに加えて燃料とオイルも持ち歩かないといけません。その上で、傾斜がついた足場の悪い山道を歩き回るのです。どうでしょう想像できますか?夏場は暑く汗まみれ、冬場は寒く指先つま先は感覚が無くなることもあります。
1〜2年みっちりすれば体力的な部分は慣れますけどね。離職理由で体力的なキツさを挙げるヒトは多いようです。

言いたいこと

はっきり言って、待遇と仕事の過酷さとの釣り合いは今現在取れていないように感じています。これだけ体力的にキツくて危険なのに給料はこれだけかよと。しかし、林業は技術職の面を持つため自分次第で給料をより多くする事は可能だと分かってきました。また、技術があり体力的に元気ならば何歳まで年を取っても仕事をする事は可能です。
社会的には非常に重要な仕事である事は間違いありません。やりがいは物凄くありますし、自然の中で仕事をしたい、身体を動かすことが好きな人には向いている仕事でしょう。